ふれ愛交差点 2021年11月号
16/29

二重マル七五三❶12341231MEMO管理栄養士 八田 真奈先生の栄養メモ材料 (3〜4人分)温かいごはん…2合分サーモン、まぐろ (各刺身用さく)…各120gきゅうり…2本 酢…大さじ3 砂糖…大さじ2A 塩…小さじ1塩…小さじ¹⁄3焼きのり(半切り)…1枚卵焼き(市販)…適量材料 (3〜4人分)牛薄切り肉(しゃぶしゃぶ用) …200gかぶ…大3個(400g)にんじん…¹⁄2本 だし汁…2カップ みりん…大さじ4 薄口しょうゆA  …大さじ2 砂糖…大さじ1 塩…少々材料 (3〜4人分)白玉粉…100g水…90〜100㎖バナナ(輪切り)…1本分柿(くし形切り)…1個分キウイフルーツ(いちょう切り)2 …1個分サイダー…1¹⁄2カップ作り方かぶは葉を切り落とし、半分に切る。葉は熱湯でサッとゆで、水にとって水気をしぼり、長さ3㎝に切る。にんじんは幅5㎜の輪切りにする。鍋にA、かぶ、にんじんを入れて落としぶたをし、弱めの中火で15分ほど煮る。火を止め、冷ます(時間外)。器にかぶ、にんじんを盛る。残りの煮汁を強火にかけ、煮立ったら牛肉を加え、アクを取りながらサッと煮て、器に盛る。かぶの葉を添える。作り方ボウルに白玉粉を入れ、材料の水を少しずつ加えてこねる。耳たぶくらいのかたさになったら、親指大に丸める。熱湯でゆで、浮いてきたら冷水にとり、水気をきる。ボウルに1と果物を入れ、サイダーを加える。作り方Aを混ぜてごはんに回しかけ、切るように混ぜて寿司めしを作る。サーモンは薄いそぎ切り、まぐろは棒状に切る。きゅうりは皮を縞目にむいて小口切りにし、塩をふって軽くもんで5分おき、水気をしっかりしぼる。ラップを大きめに切って牛乳パックの押し型 (MEMO参照)に敷き、寿司めしを高さ1.5㎝ほどまで敷き詰める。きゅうりの半量、まぐろ、のりの順に重ね、残りの寿司めしを敷き詰める。ラップをかけて上から押して平らにし、サーモン、残りのきゅうりを並べる。再びラップをかけて押し、30分ほどおいて落ち着かせる(時間外)。卵焼きは幅7㎜に切り、抜き型で抜く。牛乳パックの型をハサミで切って取り出し、食べやすく切る。器に盛り、卵焼きを飾る。¼量で429kcal 塩分1.5g 調理時間25分⊕Recipe Card ¼量で224kcal 塩分1.3g 調理時間25分⊕¼量で185kcal 塩分0.0g 調理時間15分子どもが好きな魚介をたっぷり挟んで自然のあしあと。刺身用サーモントラウトトロリとやわらかなかぶに舌鼓牛乳パックの押し型の作り方季節の果物を入れたデザート14注ぎ口を全開し、1面を切り取り、2カ所に切り込みを入れる。切り取るサーモンやまぐろに豊富なDHAは脳の発育や機能維持に重要といわれていますが、熱に弱いので刺身で食べるのが最も効果的。サーモンのアスタキサンチンや柿の色素成分でもあるβ-クリプトキサンチンには強力な抗酸化作用があり、酸化しやすいDHAの弱点をサポートしてくれます。❷注ぎ口の3面を折り目通りに折りたたみ、テープで貼る。食べて健康栄養バランス◎献立13土七五三の献立14日15月サーモンとまぐろの押し寿司牛肉とかぶの煮もの白玉フルーツポンチ

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る