ふれ愛交差点 2021年9月号
4/29

⃝料理/重信初江(表紙、P1-2、8、16、19上、25)、小田真規子(P3-4)、藤野嘉子(P5-6)、小林まさみ(P9-15、17-18、19下、20)、藤井 恵(P21-22) ⃝撮影/邑口京一郎(表紙、P1-2、8、16、19上、25)、岡本真直(P3-6、21-22)、鈴木泰介(P9-15、17-18、19下、20) ⃝スタイリング/吉岡彰子(表紙、P1-2、5-6、8-20、25)、阿部まゆこ(P3-4)、浜田恵子(P21-22) ⃝イラスト/バーバラ(P2) ⃝栄養計算/八田真奈 ⃝校正/株式会社ぷれす、畠山美音 ⃝デザイン/Comboin(西野直樹)、佐藤秀紀(P23-24) ⃝編集/石田純子、久保木薫、荒巻洋子、平山祐子にんじんのみそバター煮材料 (2人分)にんじん…2本水…³⁄4カップみそ…大さじ1バター…15g❶❷作り方にんじんは長さ4に切り、四~六つ割りにする。鍋に❶とAを入れて中火で煮立て、返しながら汁気がほぼなくなるまで煮る。5月5日の端午の節句、7月7日の七しち夕せきの節句と並ぶ五節句のひとつです。縁起がよいとされる奇数の最大、9が重なるこの日を盛大に祝う、中国の習わしが日本に伝わったものです。重陽の節句は「菊の節句」と呼ばれます。旧暦のこの頃に開花する菊を観賞し、生命力の強い菊を浮かべた菊酒を飲んで長寿を願います。旬を迎える栗のごはんを食べて五穀豊穣を祈る風習もあり、「栗の節句」とも呼ばれます。料理/重信 初江奇数が重なる縁起のよい日。長寿や五穀豊穣を祈ります。粒の大きさが均一なもの、皮にはりがあるものを選びましょう。冷凍保存が可能です。房からはずして洗い、水気をふいて冷凍用保存袋に入れて、冷凍庫へ。1人分122kca 塩分1.4 調理時間15分9日 重ちょう陽ようの節句すっきりとした酸味はクエン酸、リンゴ酸などの有機酸で、疲れをいやす効果があります。独特のシャリシャリした食感は食物繊維によるもので、腸内環境をととのえます。抗酸化作用の強いβ-カロテンを多く含みます。オレンジ色が濃いもの、表面のでこぼこが少ないものがおすすめです。くらしの歳時記梨にんじん巨峰シャインマスカットぶどうぶどうにはたくさんの品種があります。巨峰など皮が黒っぽい品種は抗酸化作用を持つアントシアニンが多く含まれます。シャインマスカットは最近人気の品種で、種がなく、皮ごと食べられます。A2

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る