ふれ愛交差点 2021年9月号
24/29

●今月のテーマ●夏の疲れが残る時期には、疲労回復に効果があるビタミンB1を多く含む豚肉がおすすめです。豚肉のビタミンB1の含有量は牛肉の8~10倍と、食品の中でも特に多いのが特徴です。そのビタミンB1の吸収を助ける働きがあるのがアリシンで、たまねぎや細ねぎからとることができます。豚肉のビタミンB1と細ねぎのアリシンを合わせて、疲労回復効果を高めましょう。食物繊維を多く含むしめじや、抗酸化作用の強いβ-カロテンが豊富なにんじんも一緒にとれる、ボリュームのあるおかずです。疲労回復に効果のあるおかず豚肉豚ロース肉(薄切り)…10枚(150g)しめじ…1パック(100g) →根元を落とし、10等分にする。にんじん…¹⁄³本(50g) →細切りにし、10等分にする。細ねぎ…4本 →小口切りにする。キユーピー テイスティドレッシング  オニオンクリーミィ…大さじ3豚肉を広げ、キユーピー テイスティドレッシング オニオンクリーミィ大さじ1¹⁄²をかけ、1枚ずつ両面にからめる。1耐熱の皿に2を巻き終わりを下にして並べ、ラップをふんわりとかける。電子レンジで6分加熱し、1分蒸らす。3肉は縦長におき、手前にしめじ、にんじんを等分において、くるくると巻く。2器に盛り、キユーピー テイスティドレッシング オニオンクリーミィ大さじ1¹⁄²をかけて、細ねぎをちらす。4材料(2人分)作り方夏の疲れを癒す!藤井 恵/料理研究家・管理栄養士 旬の食材をいかした、簡単でおいしく、体によいメニューを提案。『藤井恵の免疫力を高めるかんたんごはん』(家の光協会)など、レシピ本を多数出版。ドレッシングを豚肉にからめると下味がつくだけでなく肉がやわらかく仕上がっておいしいですよ今月はPoint 酢や塩、油などを含むドレッシングに漬けることで、肉がやわらかくなります。フライパンで作る時は水を足して!フライパンに2を同様に並べ、水大さじ3をふりかける。ふたをして中火で5~6分蒸し焼きにする。腸内環境をととのえる不溶性食物繊維が豊富です。エネルギー代謝に関わるビタミンB2も含みます。ビタミンB2は水溶性なので、損失が少ない蒸し料理や煮ものがおすすめです。しめじ緑色の部分にはβ-カロテンが多く、強い抗酸化作用があります。生のねぎを切ることでアリシンが作られますが、アリシンは熱で分解されてしまうので、生食が効果的です。細ねぎ22

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る