ふれ愛交差点 2021年8月号
24/29

●今月のテーマ●夏が旬のパプリカは、抗酸化力の強いβ-カロテン、ビタミンC、Eを多く含み、中でも赤パプリカはカプサイシンやβ-カロテンが豊富です。β-カロテン、ビタミンEは脂溶性なので、オリーブオイルと一緒にとると吸収率が高まります。オリーブオイルそのものにもビタミンEやポリフェノールが豊富です。抗酸化ビタミンが豊富なパプリカに、疲労回復効果が期待できるビタミンB1を多く含む豚肉を合わせて免疫力を高めましょう!免疫力を上げるおかずパプリカ豚ロース肉(しょうが焼き用)…200g  →2~3等分に切り、Aをもみ込む。パプリカ(赤)…1個  →幅1の棒状に切る。みょうが…2個  →縦半分に切り、斜め薄切りにする。青じそ…5枚  →細切りにする。細ねぎ…3本  →斜め薄切りにする。しょうが(すりおろし)…小さじ1しょうゆ…大さじ1酒…小さじ1日清 水溶きいらずのとろみ上手…大さじ3日清オイリオ BOSCO エキストラバージン オリーブオイル…適量レモン(くし形切り)…適量みょうが、青じそ、細ねぎは合わせて、1〜3分水にさらす。豚肉に日清 水溶きいらずのとろみ上手を押しつけるようにまぶす。フライパンに日清オイリオ BOSCO エキストラバージンオリーブオイルを深さ5㎜ほど入れて強火で熱し、パプリカを入れて10秒ほど揚げ焼きにして、取り出す。次に2を入れて返しながら3~4分かけて揚げ焼きにする。器に盛り、1を水気をよくきってのせ、レモンを添える。123材料(2人分)作り方抗酸化ビタミンで免疫力アップ!β-カロテンや、肌や粘膜を守るビタミンB2、骨を丈夫にするカルシウムなどが豊富です。さわやかな香りの成分には殺菌・防腐作用があります。青じそ香り成分のαピネンは、食欲増進の作用があります。赤色は抗酸化作用があるアントシアニンです。みょうが藤井 恵/料理研究家・管理栄養士 旬の食材をいかした、簡単でおいしく、体によいメニューを提案。『藤井恵の免疫力を高めるかんたんごはん』(家の光協会)など、レシピ本を多数出版。とろみ上手を豚肉にまぶすと、揚げ焼きでもサクッとした食感になります!今月はAPoint とろみ上手をまぶすことで、肉がやわらかく仕上がります。Point 良質なオリーブオイルを使うとオイルのうまみやコクが肉に移っておいしい!油っぽさがなく風味がよいのも特徴です。22

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る