ふれ愛交差点 2021年8月号
16/29

1人分321kca塩分0.6調理時間20分栄養バランス◎献立二重マル食べて健康家族で楽しむお盆の食卓色鮮やかな具で食卓が明るくばらちらし寿司材料 (4人分)温かいごはん2合分(約700g)、まぐろ(刺身用さく)200g、サーモン(刺身用さく)150g、いくら30g 、みょうが3個、きゅうり¹⁄2本、青じそ5枚、焼きのり全形1枚、白いりごま大さじ2、寿司酢大さじ4¹⁄2、麺つゆ(3倍濃縮)大さじ2サーモンやえびの赤い色素成分アスタキサンチンや、なすのナスニンなど抗酸化物質が豊富な献立で、紫外線や活性酸素から体を守りましょう。みょうがや青じそなどとの組み合わせで、殺菌効果や消化促進も期待でき、夏バテ予防にぴったりです。栄養メモ管理栄養士 八田 真奈先生の青じその香り広がる夏の味わいえびと青じそのかき揚げ作り方むきえびは背わたがあれば取る。たまねぎ、青じそは1.5四方に切る。Aは混ぜる。ボウルにえび、たまねぎ、青じそを入れ、天ぷら粉を加えてからめる。Aを加えてサックリと混ぜる。揚げ油を高温に熱し、2の半量を6等分して入れ、1分ほどさわらずに揚げる。返して2分ほど揚げる。残りも同様に揚げる。器に盛り、塩をふる。123材料 (4人分)むきえび300g、たまねぎ1個、青じそ20枚、天ぷら粉大さじ3、A(天ぷら粉、水各¹⁄2カップ)、揚げ油、塩各適量梅の酸味でさっぱりした箸休め夏野菜の梅風味浅漬け作り方なすは縦半分に切ってから斜めに3~4等分に切る。きゅうりは縦半分に切って長さを4等分に切る。みょうがは四つ割りにし、サッと熱湯をかける。ポリ袋にAを合わせ、1を入れ、空気を抜いて口をしばって冷蔵庫に30分ほどおく(時間外)。2の水気をしぼり、別のポリ袋に入れ、Bを加えて混ぜる。冷蔵庫に30分ほどおき(時間外)、袋の上から軽くもんで水気をしぼる。123材料 (4人分)なす3本、きゅうり2本、みょうが3個、A(水1¹⁄2カップ、塩大さじ1)、B(梅干し(種を除いてたたく)2個分、酢大さじ2、昆布茶(粉末)小さじ1、塩少々)13金14土月遅れ盆15日作り方みょうがは縦半分に切ってから縦に薄切りにし、サッと熱湯にくぐらせ、ざるに上げる。寿司酢に漬けて冷ます。きゅうりは薄い小口切りにする。青じそは1四方に切る。のりは小さくちぎる。まぐろ、サーモンはそれぞれ1.5角に切り、麺つゆをからめて5分ほどおく。ごはんにみょうがを漬け汁ごと加え、混ぜながらあら熱を取る。青じそ、のり、ごまを加えてサックリと混ぜる。器に盛り、2、きゅうり、いくらをのせる。1231人分526kca塩分2.3調理時間20分1人分27kca塩分1.1調理時間10分⊕料理/重信 初江14

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る