ふれ愛交差点 2021年7月号
8/29

ほろ苦さがクセになるあじの下処理をするゴーヤーのきんぴらたまねぎは縦に薄切りに、にんじんは長さ4の細切りにする。セロリは筋を取り、長さ4の細切りにする。バットにAを合わせ、野菜を加えて混ぜる。あじの全体に薄力粉をまぶす。内側にもしっかりまぶし、余分な粉はたたいて落とす。揚げ油を低めの中温に熱し、あじを入れ、返しながら7~8分揚げ、音が小さくなってきたら取り出す。油の温度を高温に上げて、あじを戻し入れ、1~2分揚げる。4が熱いうちに2のバットに入れてたれをからめ、野菜をかぶせてあら熱を取る(時間外)。器に盛り、セロリの葉を刻んでちらす。あじのえらぶたを指で広げてえらをつまみ、くっついているつけ根の部分をはずすようにして、手前に引く。火の通りをよくするため、身の中心に斜めに1本、骨に当たるまで切り込みを入れる。裏側にも同様に切り込みを入れる。そのまま胸びれ、内臓とともに引っぱり出し、水洗いして水気をふく。季節のもう一品¹⁄³量で65kca 塩分0.9g 調理時間10分1→→→作り方ゴーヤーは縦半分に切って種とわたを取り、薄切りにする。フライパンに油を中火で熱し、ゴーヤーを炒める。しんなりしたら、Aを加えて弱火にし、煮汁がなくなるまで炒め煮にする。12材料 (2~3人分)ゴーヤー…1本サラダ油…大さじ1赤唐辛子(小口切り)…¹⁄2本分水…大さじ3砂糖、しょうゆ…各大さじ1A粉をまぶす漬けだれを作る揚げる漬ける32456

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る