ふれ愛交差点 2021年4月号
7/29

春はあさりがおいしい季節。ふっくらした身に、たっぷりのうまみを持った旬のあさりを存分に味わえる、炊き込みごはんを作りましょう。もとは東京・深川の漁師の料理だった「深川めし」風の一品です。ごはんのひと粒ひと粒にうまみが行き渡るあさりの炊き込みごはん教えて!Recipe Card ¹⁄³量で389kcal 塩分2.0g 調理時間30分⊕土鍋で炊いてみよう!「あさりは別に煮て、うまみたっぷりの煮汁でごはんを炊きます。身は煮立ったタイミングで加えて一緒に炊くと、あさりの風味がしっかり米に入り込み、身もかたくならずにふっくらと仕上がります。炊飯器でも炊けますが、炊き上がってから身を加えて蒸らすだけになるので、あさりの風味がやや控えめに。ぜひ、土鍋で挑戦してみてほしいごはんです。具はシンプルな方が、この季節ならではの味を堪能できると思います」(藤野さん)。あさりの風味をいかす炊き方を覚えて材料 (2~3人分)米…2合あさり(殻付き)…400~450gしょうが(せん切り)…2かけ分酒…¹⁄4カップしょうゆ…大さじ1三つ葉(長さ2に切る)  …10本分  A藤野 嘉子さんふじのよしこ/料理研究家食材の持ち味をいかした和・洋・中のおかずは、リピートしたくなるおいしさと評判。テレビや雑誌で活躍するほか、東京・表参道の「カストール&ラボラトリー」での料理教室も人気。食卓に春を招くあさりごはん動画でも♪5春はあさりがおいしい季節。ふっくらした身に、たっぷりのうまみを持った旬のあさりを存分に味わえる、炊き込みごはんを作りましょう。もとは東京・深川の漁師の料理だった「深川めし」風の一品です。ごはんのひと粒ひと粒にうまみが行き渡るあさりの炊き込みごはん土鍋で炊いてみよう!

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る