ふれ愛交差点 2021年2月号
6/29

衣は混ぜすぎない水は少しずつ加える油の温度を保つ手早く包む薄力粉を加えてから混ぜすぎると粘りが出て、揚げあがりがベタッとするので、粉っぽさが残るくらいで混ぜるのをやめます。冷たい水を使うのもカラッと揚げるコツ。白玉粉は水を少しずつ加え、様子を見ながら耳たぶくらいのやわらかさにこねる。水が多すぎるとベタつき、足りないと包みにくく、割れてしまう原因に。揚げ油の温度が下がってしまうとカラッと揚がらない原因に。一度に入れる具材は油の表面積のくらいまでにしましょう。白玉粉の生地はベタつきやすいので、肉だねをのせたら手早く包みます。はみ出ないようにしっかりと口をとじましょう。味を極めるコツ味を極めるコツえびと春野菜の天ぷら12312312123白玉だんごのお吸いもの春野菜のごまあえ小松菜と油揚げの煮びたし作り方菜の花は長さ5~6に、三つ葉は長さ2に切る。えびは背わたを取り、尾とひと節を残して殻をむく。尾の先を斜めに切り落とし、包丁の背で中の水分をしごき出す。身の腹側に横に浅い切り込みを数本入れて軽くのばす。衣を作る。計量カップに卵を溶きほぐし、冷水と合わせて1カップにする。ボウルに入れてよく混ぜ、薄力粉をふるい入れ、粉っぽさが残るていどに菜箸で混ぜる。揚げ油を低温(160℃)に熱する。菜の花に薄力粉を薄くまぶし、衣をつけて入れ、衣がかたまったら返して2分ほど揚げる。揚げ油の温度を中温(170℃)にする。えびに薄力粉を薄くまぶし、衣をつけて入れ、返して2~3分揚げる。揚げ油の温度を低温にする。小さめのボウルに三つ葉としらすを半量ずつ入れ、薄力粉を小さじずつ加えてまぶす。衣を大さじ1ずつ加えてサッと混ぜる。揚げ油にそっと入れ、衣がかたまったら返して2~3分揚げる。3、4とともに器に盛る。作り方ボウルにひき肉と酒、しょうゆを入れて混ぜ、2等分して丸める。別のボウルに白玉粉を入れ、材料の水を少しずつ加えて練り混ぜ、2等分してのばす。肉だねを1個ずつのせて包む。小さめの鍋に3カップほどの湯を沸かし、塩小さじ¹⁄²(材料外)を加え、白玉だんごを入れる。中火で8分ほどゆでて浮いてきたらすくい、器に入れる。別の鍋にだし汁を煮立て、Aで調味する。2の器に三つ葉を長さ2に切って入れ、汁を注ぐ。材料(2人分)と作り方小松菜小1束(150g)は長さ4~5に切り、茎と葉に分ける。油揚げ1枚はサッと熱湯をかけて油抜きをし、細長く半分に切ってから、幅2に切る。鍋にだし汁カップを中火で煮立て、酒、みりん、しょうゆ各大さじ1を加える。再び煮立ったら油揚げと小松菜の茎を加え、落としぶたをして1分ほど煮る。葉を加え、再び落としぶたをして2~3分煮る。材料(2人分)と作り方新ごぼう60gはたわしで皮をこすり洗いし、長さ4~5の細切りにし、5分ほど水につける。新にんじん30gはごぼうと同様に切る。さやえんどう30gは筋を取り、細切りにする。鍋にたっぷりの水と塩少々、ごぼうを入れて煮立てる。中火で3~4分ゆで、やわらかくなったらにんじんを加え、1分ほどゆでる。さやえんどうを加えてサッとゆで、合わせてざるに上げ、広げて冷ます。2をボウルに入れ、白すりごま大さじ1、砂糖小さじ1、塩小さじを加えてあえる。材料 (2人分)えび(殻付き)…6尾(200g)菜の花…2~4本三つ葉…¹⁄³束(20g)しらす干し…20g 衣 卵…1個 冷水…適量 薄力粉…1カップ薄力粉、揚げ油…各適量材料 (2人分) 白玉だんご 鶏ひき肉…30g 酒、しょうゆ…各小さじ 白玉粉…30g 水…25~26だし汁(昆布だし)…1カップ酒…大さじ1しょうゆ…小さじ塩…小さじ三つ葉…少々Recipe Card 1人分436kca 塩分0.8g 調理時間20分1人分97kca 塩分1.2g 調理時間20分1人分60kca 塩分0.7g 調理時間15分1人分69kca 塩分0.8g 調理時間10分45A動画でも♪4

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る