ふれ愛交差点 2021年2月号
5/29

四季折々の素材を楽しめる日本には、料理で季節を味わう、和食の文化があります。おいしくて栄養価も高い旬の食材を上手に使うコツをご紹介します。最終回は華やかなえびと春野菜を使った天ぷらが主役の献立です。来月号からは新しい連載が始まります。一年間ありがとうございました。春野菜が出回る季節になりました。やさしい味わいの菜の花やえびの天ぷらを主菜にした献立で早春を堪能しましょう。天ぷらは素材のうまみを逃さない調理法です。今回の食材以外に、ふきのとうやたらの芽などの山菜もおすすめです。お好みで塩や天つゆを添えてどうぞ。食感がやわらかい春のごぼうとにんじんは、塩味仕立ての香りよいごまあえにしました。もうひとつの副菜は、調理法や味付けを変えて、煮びたしに。汁ものの白玉だんごには肉だねを入れました。うまみのある汁ものになりますし、食べごたえもあります。覚えておくと重宝するレシピです。これからも、季節を味わう和食を楽しんでくださいね。伝えたい和食のきほん最終回いしはらひろこ/料理研究家。自宅で40年以上にわたり料理教室を主宰。テレビや雑誌、書籍で活躍中。石原 洋子さんえびと春野菜の天ぷら献立3

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る