ふれ愛交差点 2021年1月号
11/29

<レシピについて>・本誌で使用した計量器具は、1カップ=200㎖、大さじ1=15㎖、小さじ1=5㎖、米1合=180㎖です。・本誌で使用するだし汁としょうゆは特に明記していない場合、昆布・かつおのだしと濃口しょうゆです。・レシピでは、野菜を洗う、皮をむく、種やヘタを取るなど基本的な作業をすませてからの手順を紹介しています。・電子レンジは600W、オーブントースターは1000Wを基準にして、加熱時間を表示しています。   メーカーや機種によって異なりますので、様子を見て加減してください。・調理時間は目安です。作り方に(時間外)の表記がある場合は、調理時間に⊕をつけています。・レシピの熱量(カロリー)と塩分量は、料理のたれやドレッシング、つけ汁、煮汁の付着率などを考慮して計算しています。・材料表で、( )内に記載している重量(g)は目安量です。・掲載レシピの熱量、塩分量の前に「Recipe Card」の表記があるメニューは、別途レシピカードをご用意しています。店舗によってはご用意していない場合もございますのでご了承ください。・レシピに掲載している商品は参考商品です。掲載商品以外でも作れます。Everyday Recipehttp://cgc-kitchen365.jp「ふれ愛交差点」でご紹介した約6000レシピは、WEBでも公開中!1月の料理を作ってくれたのはほりえさわこさん料理研究家 祖母、母ともに料理研究家で、受け継いだ味に今の感覚も加えた家庭料理を提案している。4世代で暮らす大家族の日々の食事の担い手でもあり、レシピは実生活に役立つと評判。朗らかな人柄も人気で、料理の楽しさを広めている。近著は『簡単! 時短! 迷わない! おいしい味つけ1:1:1の便利帖』(池田書店)。毎日のレシピ集1Januaryお正月らしい華やかなごちそう市松ちらし寿司 作り方Aは混ぜる。まぐろ、サーモン、鯛は薄切りにする(2時間ほど冷凍庫に入れておくと薄く切りやすい)。きゅうりは長さ5の薄切りにする。ごはんにAを回しかけ、切るように混ぜ、ぬらした型に平らに詰めて押す。ボウルに卵を溶きほぐし、Bを加えて混ぜ、ざるなどでこす。小さめのフライパンに入れ、弱めの中火にかけ、菜箸で細かく混ぜながらいり卵にする。2の型をはずし、まぐろ、サーモン、鯛、きゅうり、3を市松模様になるように彩りよくのせる。いくら、木の芽、花穂じそ、ごま、レモンを放射状に小さく切ったものをのせる。お好みでしょうゆ、わさびを添える。1234材料(6~8人分・21角の押し型1個分)温かいごはん…4合分まぐろ(刺身用さく)…60gサーモン(刺身用さく)…60g鯛(刺身用さく)…40gきゅうり…本卵…2個酢…カップ砂糖…大さじ4塩…小さじ2水…大さじ1砂糖…小さじ1塩…少々いくら…大さじ1木の芽、花穂じそ、黒いりごま、レモンの輪切り …各適量しょうゆ、練りわさび(お好みで)…各適量AB¹⁄8量で373kcal 塩分1.7g 調理時間30分元日1金表紙のレシピ料理/重信 初江自然のあしあと。刺身用サーモントラウト9

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る